結婚指輪と婚約指輪の違いとは
指輪のケア方法
婚約指輪を男性が買わない理由とは
指輪の素材~イエローゴールド~
11月の誕生石~シトリン~
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

ダイヤモンドの4Cって何!?

2016年03月27日

LPD004

マリッジリングやエンゲージリングなどでよく使用されるダイヤモンドは、宝石の王様とも呼ばれており、日本人には真珠と同じぐらい馴染みがある宝石です。

今回はダイヤモンドの価値を表示する方法をご紹介します。

4Cという表記が有名で耳にすることも多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドの4Cとはダイヤモンドの品質等を評価するための基準のことであり、主にカラット、カラー、カット、クラリティの4つから構成されています。

よく勘違いされがちなのが、カラットとはダイヤモンドの大きさではなく、重さを表しています。1カラットは0.2グラムです。

エンゲージリングで使用されるダイヤモンドのカラットは、だいたい0.2ctから0.5ctぐらいが主流になっています。

カラーは無色に近いものほど価値が高いとされています。D~Zで表します。婚約指輪では、D,E,F,Gカラーまでのダイヤモンドが主流です。

しかし、ブルーダイヤモンドやイエローダイヤモンドのように色がついているダイヤモンドの方が無色よりも価値が高いという例外もあります。これらは、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれます。

一般のカラーがついているダイヤモンドはブラウンやイエローがかった色合いのものが多いです。

そして、クラリティとはダイヤモンドの透明度を表す基準です。婚約指輪ではVVSクラスまたはVSクラスのダイヤモンドが主流です。

ダイヤモンドの中には、微量の不純物が混ざっていることが多く、その不純物が少ないものほどクラリティが高く、価値があるとされています。

最後に、カットです。カットは、ダイヤモンドの形や研磨状態の評価です。婚約指輪では、エクセレントカットという最上級のカットが主流になっています。

ダイヤモンドの正しい表記を知って、より価値の高いものを見極めて下さいね。

LA PUREZZAのお取扱店舗では、ダイヤモンドにも詳しいスタッフが懇切丁寧に説明してくれますので、ご予算なども含め、何でもお気軽にお問合せ下さいね。

2013-04-04 17.56.07