指によって変わる指輪の意味~右手~
指輪購入後、どんなことに後悔する?
一人でジュエリーショップに行くのが不安な男性へ
記念日のジュエリー  母の日
誕生石って何?
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

結婚指輪の宝石の意味と種類

2016年11月28日

結婚指輪を選ぶ際、見た目、値段など、購入の判断材料は様々ですが、宝石の意味や種類についてはご存知でしょうか。更に気持ちの込もったプレゼントにするためにはとことんこだわりたいですよね。

例えば、定番なものといえばダイヤモンドですがダイヤモンド一つでも様々な評価基準が存在します。4Cと呼ばれるCarat、Clarity、Color、Cutがそれにあたり、それぞれ重さ、透明度、色、輝き、などものによってグレードは多様です。また、ダイヤモンドは「純潔・永遠の絆・純粋無垢」といった意味を持ち結婚指輪として選ばれる理由があります。

そして、ダイヤモンド以外にもプラチナ、ゴールド、またゴールドの中でもピンクゴールド、イエローゴールドなど様々な種類の宝石が結婚指輪として、用いられています。さらに、これらもまたそれぞれに意味を持ちプラチナは「永遠の愛」、ゴールドは「気品、華やか」といった具合です。

ダイヤモンド以外の宝石を選ぶことで、違ったこだわりやオリジナリティを感じさせる方もいるようです。

このように、宝石の意味もご購入の際の判断材料として使われてはいかがでしょうか。