ピンキーリングって?
指輪の人気のデザインは?
海外の婚約指輪はいくらぐらい?
9月の誕生石~サファイア~
指輪が似合う!手肌のお手入れ
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

指によって変わる指輪の意味~右手~

2016年10月23日

結婚指輪や婚約指輪、指輪は結婚という一大イベントにおいて本当に大切なものですよね。
しかし、左手に指輪をはめる場合と右手に指輪をはめる場合とでは、意味が異なることは知っていましたか?
そこで、今回は、右手にはめる意味、また、それぞれの指にはめる意味ついてお話ししたいと思います。

右手にはめる全体的な意味としては、権力や権威といった現実の力を表します。
では、5本の指に指輪をはめるそれぞれの意味はどうでしょうか?

まず、親指は、リーダーシップを発揮したいときに、指輪をはめるとよいとされています。
責任者や管理者のような集団をまとめる役を任されている方にオススメです。

人差し指は、集中力を高めたいときに、指輪をはめるとよいとされています。

また、中指は直観力や行動力を高めたいときに、指輪をはめるとよいとされています。
何をしてもうまくいかない、空回りばかりしている人は、効果的です。

薬指は、精神を安定させたいときに、指輪をはめるとよいとされています。
社会からストレスを感じ疲れた方にオススメです。

さらに小指は、自信をつけたいときに、指輪をはめるとよいとされています。
プレゼンなどアピールしたいときにはめるといいかもしれません。

このように左右の手だけではなく、指の位置によって、指輪をはめる意味が変わってくるのは、ご存知でしたか?
それぞれの目的で指輪をはめる位置を変えてみてはいかがでしょうか。