指輪のお手入れ方法
指輪の素材 基礎編
サムシングブルーって何!?
指輪のメンテナンスを行いましょう
今ドキの結婚指輪
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

「結納」ってなにするの?

2016年08月26日

「結納」という言葉を知っていても、実際に何をするかをご存知でない方は多いのではないでしょうか。

結納とは、その漢字の通り、親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということです。
この結納をすることで、結婚するという約束をしたことになるのです。

一般的には、結婚式の3~6ヶ月前に行うのが一般的です。
ポイントとして、大安や友引といった日の午前中に行うのがよいでしょう。

また、この結納には「正式結納」と「略式結納」の2つのスタイルがあります。

正式結納は、仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるという形をとるものです。

最近はこの方法で行うケースは減っているようですが、地域や家のしきたりで行うこともあるようです。

一度そのようなしきたりがないか確認するのがよいでしょう。

一方で、略式結納は、両家がどちらかの家やホテル、料亭などに、一堂会して結納を交わすものだとされています。

正式結納と比べると比較的手軽なのが特徴だといえるでしょう。
最近はこちらの方法をとることが多いようです。

いかがでしたでしょうか。

結納にも種類があり、それぞれに特徴があります。
違いを理解したうえで、しっかり行いましょうね。