指輪のサイズについて
転勤するときのプロポーズの注意点
婚約指輪のお返しについて
婚約指輪の意外な歴史
リングの素材~ゴールドの良さ~
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

どれがいい?指輪のデザイン

2016年06月23日

婚約指輪は一生に一度しか買わないため、長いお付き合いを考えていかなければなりません。

ではファッションリングと婚約指輪ではどう見方を変えればいいのでしょう。

 

一粒ダイヤが際立つ、定番のリングを「ソリティア」といいます。

おばあちゃんになってもつけられる飽きのこないデザインというのは、婚約指輪においてはとても大事な要素の一つです。

若いうちなら華やかなデザインも素敵ですが、それをお年寄りになってからもつけるとなるとどうでしょうか。

シンプルでお淑やかなデザインの方が周りからも素敵に見えるでしょう。

 

それでも少しはデザインを入れたいという場合、メレ石を入れることをおすすめします。

メインの石以外に小粒の石を留めることを「メレ」といい、メインダイヤを引き立たせ、より華やかな印象のリングにしてくれます。

メレタイプのデザインで人気があるのは、透明なダイヤモンドの左右に小さなピンクダイヤのメレ石をつけたデザインです。

派手になりすぎず可愛らしさを帯びます。

 

アームにダイヤを敷き詰めたゴージャスなデザインとなっているのが「パヴェ」というものです。

とても華やかですが、硬いダイヤがぐるっと敷き詰めてあるため、金属そのものに傷がつきにくくいつまでも輝きを保てます。

ただし、ダイヤが多い分日常使いに不向きな点については、注意しなければならないでしょう。

 

それぞれのデザインの特徴をふまえて、大切な婚約指輪を選んでみてはいかがでしょうか。