結婚指輪を選ぶ際の注意点って?
指輪の汚れや傷、どうすればいいの?
婚約指輪の意外な歴史
海外の婚約指輪はいくらぐらい?
逆プロポーズが成功しやすい状況とは
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

素材を知って結婚指輪を選びましょう!

2016年03月03日

LA0018

結婚指輪は結婚してずっと着けていく大切なものです。

そのため、気に入ったものを選びたいですよね。

デザインにこだわる方は多いですが、素材にもこだわってほしいです。

そこで今回は素材別の特徴をご紹介します。

・プラチナ

希少性があり、耐久性に優れています。

それにもかかわらず、加工もしやすい魅力的な貴金属です。

耐久性が強いという事は変色にも強いということ。

プラチナ特有の美しい白さをずっと保つことができる点は、
純白の永遠の愛を象徴することを物語っていますよ。

デメリットは価格が高いという事です。

ただ、最近では、金相場の高騰により、プラチナの結婚指輪とゴールドの結婚指輪の価格差はなくなりつつあります。

プラチナでも細いリングにすると価格は抑えられますが、耐久性ももちろん劣ってしまうので注意してくださいね。

・イエローゴールド

カジュアル感があるため、ファッション性が高いです。

色味をアクセントにして、オシャレを楽しめますし、日常づかいとして躊躇なく使用できるのが魅力的ですね。

仕事場での服装規定が厳しい方でも安心して身に着けることができるでしょう。

プラチナと比べると変色はしやすいですが、変色しても目立たないのであまり気にする必要はありませんよ。

・ホワイトゴールド

プラチナと同じような白色なのでどちらが良いのか迷われる方もいらっしゃいます。

しかしながら、プラチナに比べてかなりコストを抑えることが可能です。

また、プラチナより明るくて白いといった特徴があります。

しかしながら、摩擦によってメッキが少しずつ薄くなってしまい、元の地金の色が見えてくるというデメリットもあるのです。

いかがでしたか?

それぞれの素材の特徴を見て、ご自身に合ったものを選んでくださいね。

LA0018

LA0018