ダイヤモンドの偽物・本物はどうやって見分けるの?
ブライダルリングをオーダーメイドにするメリット
神前式で指輪交換ってするの?
和洋折衷のウェディングドレスって?
結婚指輪をつけっぱなしにするメリット・デメリット
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

結婚指輪と婚約指輪の兼用について

2016年09月07日

LPD016

結婚指輪と婚約指輪について、本当に両方必要なのか、とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は「結婚指輪と婚約指輪の兼用について」ご紹介したいと思います。

ではまず、実際に兼用をしている方はいらっしゃるのかというのは、
心配になるところですよね。
問題ありません、数多くいらっしゃいます。

やはり、準備をしていく、話をしていく中で、
短い期間のために高額のものを身に付けるのはもったいないといった意見だったり、
結婚した後に身に着けることが少ないといった考えになり、兼用にすることが多いようです。

ではここで、兼用をする際のポイントについてもお話ししておきましょう。

兼用する場合は、弔事の際について事前に検討しておくことをおすすめします。
弔辞ではやはり光物というのはよくはありません。
そのような際にも身に着けておきたい方は、はじめから弔事の場面を想定した兼用指輪を購入するのもよいでしょう。

また、おしゃれな指輪にしたい場合は、弔辞の際はファッションリングを用いるのも一つの方法ですよね。

結婚指輪と婚約指輪を兼用にする際には、さまざまな場面を想定して、購入しましょう!