指輪を重ね付けするデメリット
結婚指輪と婚約指輪の違いとは
6月の誕生石~パール~
4月の誕生石~ダイヤモンド~
プロポーズのきっかけをつくりましょう
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

逆プロポーズが成功しやすい状況とは

2016年05月12日

本来、プロポーズは男性側から女性側にされるものであり、多くの男性は自らプロポーズして想いを伝えたいと考えます。

しかし、中には女性側から男性側にする逆プロポーズのケースも存在します。

たいていの場合、女性側から見て、相手が自分に自信のないタイプが多いです。

断られるのではないか、相手に何もできていない、結婚したいけど今のままでいいのかと自分に自信のない男性は考え、プロポーズに踏み切れないでいる場合に逆プロポーズすれば、まさに渡りに船となります。

成功しやすい状況としては、他にも一緒に暮らしていて結婚生活が想像できるというものがあります。

たまに同棲生活を始めた瞬間、もしくは結婚した瞬間豹変する人がいますが、相手にそうした姿が全くない、ほとんど感じないと互いに思っていれば大丈夫でしょう。

また、相手の両親とも仲がいいというのも好条件になります。

自分に自信のない人は優しい人ばかりなので、女性側の両親とも仲良く、もちろん男性自身の両親とも良好な関係であれば結婚生活もうまくいきやすくなります。

逆プロポーズをあえて仕掛けて、結婚生活をリードするというのもいいでしょう。