相手からOKをもらった後の行動とは
指輪の種類~ベビーリングとは~
ダイヤモンドの偽物・本物はどうやって見分けるの?
マリッジリングとエンゲージリングの違いについて
結婚式の招待状について
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

婚約指輪はつけられる期間がきまってる?

2016年05月02日

LPD007

婚約指輪は、給料3カ月分とよく言われますが、それだけ高価な物を相手からいただくことになります。

そうなると、相手からもらった大事な婚約指輪をできるだけつけていたいと考えるのは、大変自然な流れです。

実際、婚約指輪は、婚約期間中しか身に着けていけないという決まりはないので、いつまでつけていても大丈夫なのです。

例えば、パーティーの場では婚約指輪をはめる女性も多くいるため、豪華な指輪として婚約指輪を用いるというのも、決して不思議なことではないのです。

華やかな婚約指輪だからこそ、状況に応じて使い分けすればよいのであって、婚約期間しかつけてはいけないというのは少しもったいない感じになります。

結婚指輪となると、普段からそうしたものをつけて仕事をしている人などが多く目につきます。

結婚している証として周囲に知らしめることになりますが、婚約指輪はなかなかそうした出番が訪れません。

たまにいくパーティーはもちろんのこと、誰かの結婚式などに婚約指輪を身に着け、それに見合ったドレスで着飾るというのもいいのではないでしょうか。