和洋折衷のウェディングドレスって?
婚約指輪にはお返しを
プロポーズされたい女性が見せる仕草とは
指輪にメッセージを刻印しませんか?
その太い指、むくみが原因かも
2018/02/23 L’AUBE 出雲店、米子店 アニバーサリーフェア開催のお知らせ
2017/08/08 結婚指輪やジュエリーのメンテナンスをお盆休みに如何でしょうか
2017/02/16 女性の理想のプロポーズのシチュエーション
2017/02/14 婚約指輪にはお返しを
2017/02/12 指輪はサイズ直しできる!?

シンプルな指輪を兼用指輪に

2017年01月13日

LPD005

先日の記事で兼用指輪のご紹介をさせていただきましたが、婚約指輪のような指輪を兼用指輪にするべきか、それとも結婚指輪のような指輪を兼用指輪にした方がいいのか、迷われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

兼用にするのは、費用を節約できることが一般的な理由ですが、今回はシンプルな指輪を兼用指輪にした場合のメリットをお話しします。

兼用のメリットとして挙がるのは、費用を節約できることです。
婚約指輪と結婚指輪の2つのリングを1つのリングにできることで、コストを抑えることができます。
また、婚約指輪は大きなダイヤモンドを留めたり、数多くのダイヤモンドをあしらうようなデザインになるため、結婚指輪のようなリングを兼用指輪にした時の方が、よりコストを抑えることができるでしょう。

もう一つのメリットとして挙げられるのは、いつも身に着けていられるという点です。
婚約指輪のようなリングを兼用指輪にした場合、デザインによっては服に引っかけてしまったり、物に傷がついてしまうことも起こり得ます。
結婚指輪は本来、結婚後、常に毎日身に着けるものです。
このことからも、結婚指輪のようなシンプルなリングを兼用指輪にするのは良いかもしれません。

一方、欠点としては、シンプルなデザインの指輪だと特別感が感じられなくなるかもしれないという点です。
のちに、婚約指輪のようなエレガントな指輪にしておけばよかったと思う方も少なくはありません。

いかがでしょうか?
シンプルな指輪を兼用指輪にすると、日常生活で邪魔になることは少ないという利点があります。
兼用指輪はシンプルなデザインのものにした上で、もし婚約指輪のような華やかな指輪を身に着けたいとなった場合には、記念日やスイートテン・ダイヤモンドなどとして指輪を購入するのもいいかもしれませんね。